タイの料理

このページは、タイの美味しい食べ物を紹介していきます。

  メニュー 

TOPページ 

中国 

台湾 

韓国 

インド 

シンガポール 

タイ 

 タイ体験記 

 タイの地理 

 タイの料理 

 タイのお土産 

 タイ関連news 

リンク 

更新日:
 2011年5月29日




 タイ料理は非常に複雑な味です。タイ料理の味は「辛味」、「酸味」、「甘み」、「塩味」、「旨味」という5つの要素から作られています。
 「辛味」には、唐辛子や胡椒が用いられ、料理の味にピリッとした刺激を加えます。「酸味」にはライムやタマリンドが用いられ、さっぱりとした風味を加えます。「甘み」にはココナッツミルクやパームシュガーなどが用いられ、味にまろやかさを加えます。「塩味」にはナンプラーや塩が用いられ、料理の味を引き締めます。そして、エビ味噌やナンプラーなどから成る「旨味」が、味にコクを加えます。これらの味の複雑な絡み合いに加え、さらにレモングラス、コブミカン、パクチーなどで「香り」を添えるのがタイ料理の特徴です。
 タイ料理の特徴は、地域によって異なります。北部地域は、脂が多めながらもマイルドな味です。ゲーン・ハンレー(ミャンマー風ポークカレー)やサイウア(ハーブソー セージ)などが代表的な料理です。丸いお膳にいろいろな料理を載せて取り分ける「カントーク」も有名です。東北部は、辛味と塩味が強い味です。ソムタム(青パパイヤのサラダ)、ラープ(ひき肉サラダ)、ガイヤーン(鶏炭火焼き)などは、もち米と一緒に食べますが、蒸し暑い中でも食欲をそそる料理です。海に囲まれた南部は、豊富な魚介類を使った料理が多いです。生臭さを消すためにターメリックなどのスパイスを使った辛い料理が特徴です。ゲーン・タイプラー(魚の内臓を使ったカレー)やゲーン・マサマン(スパイシーなイエローカレー)、カーオ・ヤム(ライスサラダ)などが代表的な料理です。中央部は、タイ中の全ての料理の影響を受けながら、比較的マイルドで甘みのある味です。細長いうるち米と一緒に食べるのが一般的です。

タイの調味料 

イサーン料理 
 タイの東北地方の郷土料理。

ガイ・ホー・バイトゥーイ 
 鶏肉の包み揚げ。

ガイヤーン 
 鶏の炭火焼。

カオ・カー・ムウ 
 煮込んだ豚足を乗せた御飯。

カオニャオ 
 もち米。

カオニャオ・マムアン 
 モチ米とマンゴーのココナッツソースがけ。

カオ・パット 
 タイ風焼き飯。

カオマンガイ 
 茹でた鶏肉と鶏肉のスープで炊いた御飯。

カオマンガイトー 
 揚げた鶏肉と鶏肉のスープで炊いた御飯。

カオ・ムウ・カーギー 
 豚の指先煮込みを乗せた御飯。

ガオラオ 
 寄せ鍋スープ。

カー・ムウ 
 豚足を煮込んだ料理。

クイッティアオ 
 米粉麺料理。

コームーヤーン 
 豚喉肉の炭火焼。

サイクローク・イサーン 
 イサーン地方のソーセージ。

シー・クロン・ムー・トート 
 豚スペアリブの唐揚げ。

ソムタム 
 青パパイヤのサラダ。

タイカレー 
 タイのカレー。

タイスキ 
 タイ風しゃぶしゃぶ。

チムチュム 
 イサーン風タイスキ。

チョクチャイ・ステーキバーガー 
 有名な牧場の名物ハンバーガー。

トム・カー・ガイ 
 鶏とココナッツミルクのスープ。

トム・セープ 
 イサーン風のモツ煮込み。

トムヤムクン 
 海老が入った辛くて酸っぱいスープ。

トムヤムタレー 
 辛くて酸っぱい海鮮スープ。

ネーム 
 タイ風生ソーセージ。

パッ・ガッパオ・ムーサップ 
 豚挽肉のバジル炒め。

パッ・ガッパオ・ムーサップ・カイダーオ 
 豚挽肉のバジル炒め目玉焼き乗せ御飯。

パッタイ 
 タイ風焼きそば。

プーパッポンカリー 
 渡り蟹のカレー炒め。

ホーイ・クレーン・ルワック 
 茹で赤貝。

ホーイ・クレーン・パオ 
 焼き赤貝。

ポピア・トート・クン 
 海老入り揚げ春巻き。

ムウ・カーギー 
 豚の指先を煮込んだ料理。

ヤム・ウンセン 
 タイ風春雨サラダ。

ラープ 
 挽肉のサラダ。

ラープ・ムウ・トート 
 豚挽肉の香り揚げ。


 




inserted by FC2 system